ハト・カラスの駆除について
ハトやカラスなどの害鳥に対しては、住まいや建物の状況に応じて、様々な対策を講じることが可能です。
詳しくは、下のバナーをクリックしてください。
ネット
プロテクタ・ワイヤ
忌避剤処理
捕獲
太陽光パネル
カラス防鳥

ハト・カラス駆除

(1)方法は物理的な方法が多く、ネット、剣山、ワイヤーなどが効果的です。
(2)化学的キヒ剤は有効期限が約半年から1年、定期的なメンテナンスが必要。
(3)数量が多い場合は捕獲カゴを使用し数量をまびきます。
    (有害鳥獣駆除の申請が必要です)
(4)カラス駆除には電極(配線)に接触させ電気ショックを与えます。電源はソーラーパネルを使用します。
(5)マンションのベランダ、工場の軒下などの問い合わせが多くあります。

カラスが市街地に増加

春から夏の繁殖期は里山に戻り子育てを行う。10月頃より市街地に住み着き、公園や神社などの樹木に集まり住処としている。市街地では相変わらず生ゴミを目指し、移動する街型のカラスに変身する。夕刻の柳ケ瀬のビル街には横一列の集団が何百単位で集結する。フン害防止に写真のようなソーラー電源による電気ショック予防対策を実施中、これでフン害と飛来防止は完璧に治まった現場の一部紹介です。
ネット防鳥工事
ネットを使った防鳥対策は、マンション、アパートのベランダや人の集まる各種施設の開口部で有効です。
人との接触がある場所ではプロテクター、ワイヤ、忌避剤は不適当な場合がありますが、美観を損なわない様考慮し施工致します。場所や鳥の種類によりネットの網目の大きさや色を選択します。
紫外線によるネットの劣化が心配されますが、耐用年数は10年です。
 
防鳥ネット施工
防鳥ネット施工
防鳥ネット施工

実績レポート 看板塔防鳥ネット取付け工事  2017年12月  担当者:大野/松浦

1.駆除対象・・・ドバト(鳥類)
2.施工地域・・・岐阜市内
3.被害の現状と対策
        看板塔の下部にドバト(鳥類)の侵入可能な隙間があり、内部において営巣を確認、駐車場に
        は脱糞被害が見受けられました。
        高所作業車にて看板の下部に防鳥ネットを取付け、清掃をさせて頂きました。
駐車場アスファルトに脱糞被害
看板塔の下部
ネット取付け作業中

実績レポート(ネット取付事例) 2017年5月  担当者:馬渕 和彦

1.駆除対象・・・ドバト
2.施工地域・・・岐阜市内病院
3.被害の現状・原因など
          病室ベランダに飛来、周辺は橋が多く分巣と思われる。
4.対  策・・・飛来が頻繁な箇所にネットの取付
          感染防止のための脱プンの清掃・消毒
   
5.結  果・・・飛来ストップ、良好な効果は継続中、取付器具など
         の不具合は1年保障、患者さんへの配慮において細目糸5cm
         目安のネットを使用、閉塞感に考慮した。
   
プロテクタ・ワイヤ

実績レポート(ドバト飛来防止) 2017年 7月  担当者:水嶋 猛

現 状・・・米の倉庫建屋へのドバト飛来による脱糞被害。
原 因・・・穀物が豊富で休憩に飛来する。
対 策・・・手摺、屋根の周囲にワイヤー取付。
結 果・・・ワイヤー取付部分に対しての飛来防止効果は高く脱糞の落下被害は止まった。

実績レポート(ドバト飛来防止工事) 2017年 6月  担当者:馬渕 和彦

現 状・・・お寺の本堂や山門の上にハトが飛来、脱糞被害あり、美観を損なう。
原 因・・・夜間での営巣場所となっている。
対 策・・・梁の上部に飛来防止ワイワーの取付。
結 果・・・1~2週間経過、効果は良好。

実績レポート (ハト・鳥類)

現 状・・・住宅におけるシャッターBOXの上部にハトやスズメ、ムクドリが飛来する。
対 策・・・巣の除去、清掃、消毒、飛来防止プロテクター(ワイヤー・剣山)の取付。
ハトは営巣場所(巣作り・寝床)を探す為に建物に近づき最初に端にとまります。そこが最初の停止場所となります。ベランダの手摺りや屋上の周囲がこれにあたります。そして目的地の安全確保が確認できると営巣の準備に入ります。この性質を理解し先ずは「止まらせない」為の対策として環境に合わせたプロテクタ・ワイヤの設置を施します。
プロテクタ  配管への取付
プロテクタ  配管への取付
プロテクタ 窓枠への取付
プロテクタ 窓枠への取付
屋上手すりへのワイヤー取付
屋上手すりへのワイヤー取付
飛来防止用忌避剤処理

実績レポート 鳥被害による天井断熱材敷設工事 2017年11月  担当者:松浦/小川

1.原 状   鳥が天井裏に巣をかけ、既存の断熱材など汚れている状態
2.原 因   メンド板が外れたことにより開口が出来、そこから鳥が侵入したと思われる
3.対 策   天井裏から侵入口を塞ぎ、既存の断熱材を撤去し除菌・消臭、新しい天井断熱材を敷設し完了
 
    既存断熱材の撤去作業
    巣材などの清掃作業
     既存断熱材撤去後
    除菌・消臭剤を噴霧
   新しい断熱材敷設作業中
    新しい断熱材敷設後

実績レポート 有害鳥獣対策室 ムクドリの巣撤去 2017年6月  担当者:松浦

1.現 状   天井裏に大量の枯草。
2.原 因   2階大屋根の下の板が外れ、その隙間より鳥が出入り出来る状態。
3.対 策   天井裏の巣を撤去し、侵入口を封鎖。
4.結 果   45Lポリ袋、4袋分の巣(枯草)の撤去、木材による侵入口の封鎖で作業完了。
屋根裏の現状(巣材がいっぱい)
清掃+殺菌消毒
殺虫処理
侵入箇所 封鎖前
侵入箇所 封鎖後

実績レポート(ハト・ムクドリ)

現 状・・・住宅においてムクドリ、スズメが軒下に飛来、糞被害発生。
対 策・・・キヒ剤(ペースト状のもの)処理
鳥類の習性を研究し鳥の4感(視覚、触覚、嗅覚、味覚)に複合的に刺激を与えます。忌避剤を被害箇所に塗布し飛来してきた鳥に嫌な思いを経験させ、やがて鳥が寄り付かなくなるという商品設計です。
防鳥ネット、ワイヤ、プロテクタ等の資材の使用が難しい場所に組み合わせたり、単独で施工する事も可能です。薬剤の有効期間は環境によっても異なりますが約1年です。
ハト・カラス・ツバメ・スズメ・ムクドリ・カモメなどに有効です。
飛来防止用忌避剤処理
飛来防止用忌避剤処理
飛来防止用忌避剤処理
捕獲
ハト被害の範囲が広く生息数も多い場合、ケージ(捕獲カゴ)を利用して数を減らします。捕獲の場合は鳥獣保護法・狩猟法により市町村への届け出が義務づけられています。必要な捕獲申請は弊社で代行いたします。
カゴを設置して捕獲を待ちますので2~4週間ほど時間を要します。捕獲後は、炭酸ガスで殺処分をし、市町村指定の処理場で火葬を行います。
その後、絶対数が減少した段階でプロテクターや忌避剤で寄せ付けない工夫をします。

実績レポート ハト(捕 獲) 2017年 8月  担当者:馬渕 和彦

1.駆除対象・・・ドバト捕獲カゴの設置
2.施工地域・・・笠松町
3.被害状況・・・工場内の屋根に飛来、脱プン被害
4.対  応・・・捕獲申請 → カゴの設置 → 1週に1回の管理を1ヶ月間継続、
          捕獲処分を行う
捕獲
捕獲
捕獲
捕獲
捕獲
捕獲
5.結  果・・・飛来数、フン被害の減少、製品への汚れ防止に貢献
         年間1~2回の捕獲を提案中
太陽光パネルへの防鳥工事

太陽光パネル 防鳥のご案内

住宅屋上に後付された太陽光パネルでのハト被害。屋根材とパネルの隙間にハトが住みつき、糞による汚染・パネルの損傷・発電量の低下等様々な問題点が指摘されています。工事はまず、汚れたパネル・屋根材の清掃を行いハトの巣を除去します。パネルと屋根材の隙間を封鎖し(ネット・ワイヤ・プロテクタを使用)ハトを寄せ付けなくします。環境により足場が必要となる場合があります。工事日数は1日、施工保証期間は1年、資材耐用年数は10年です。

実施レポート 太陽光パネル防鳥ネット取付け工事  2017年12月  担当者:大野/松浦

1.駆除対象・・・ドバト
2.施工地域・・・岐阜県内
3.被害状況と対策・・・屋根上の太陽光パネルに鳥類による糞被害が見受けられました。高所作業車を使用、
           マウントベース(固定具)にて防鳥ネットを取付けました。
           出来る範囲で糞清掃もさせて頂いております。
マウントベース取付け
ネット取付け作業中
防鳥ネット(25ミリ目)取付け後

実績レポート ハト(ネット取付) 2016年 5月  担当者:大野 修平

1.駆除対象・・・ドバト
2.施工地域・・・本巣市住宅
3.被害状況・・・パネル下への営巣、パネル表面の汚れ
4.対  応・・・パネル下の営巣除去と清掃
          侵入防止のネット取付
          屋根の棟部分への飛来防止ワイヤー取付
ハトの糞による汚染
ハトの糞による汚染
ワイヤを使った飛来防止工事
ワイヤを使った飛来防止工事
屋根材とパネルの間をネット封鎖
屋根材とパネルの間をネット封鎖
5.結   果・・・1年経過の現在飛来防止効果良好

実績レポート 鳩ネット取付(太陽光パネル防ハト工事)三重営業所 2017年 9月 担当:井戸坂賢憲

1.駆除対象・・・防ハト
2.施工地域・・・鈴鹿市
3.被害の現状と原因
  (1)屋根の上の太陽光パネル約6kの隙間にハトの営巣確認。
  (2)降雨時などに2階ベランダにハトの脱フンが落下、洗濯物を汚染する。
  (3)飛来するドバトによる鳴き声、パネルの汚染など。
4.施工内容(使用材料は紫外線対応材とする)
  (1)パネルへの防鳥ネット取付
  (2)パネル下の営巣の清掃
  (3)飛来防止具の取付(ワイヤ、剣山などのバリア)
 
5.結果及びアフターケアーなど
  (1)1年後のネット点検(1年保障)
  (2)使用材の耐久性は10年をめどとする
  

ハト(太陽光パネル)

現 状・・・太陽光パネル下部の隙間にハトやスズメが営巣、雨トユのつまり、
      2Fベランダにおける洗濯物の汚染。
対 策・・・屋根とパネルの隙間をネットによる封鎖。設計は紫外線対応資材で
      10年としている。この1~2年間被害の問い合わせが多い。
      費用は10~15万円
カラス防鳥

実績レポート (カラス電気ショック) 2016年10月実施    担当者:馬渕 和彦

1.駆除対象・・・カラス飛来防止
2.施工地域・・・岐阜市内駅前
3.被害状況・・・歩行者への脱フン被害、看板塔への営巣、繁殖、近隣への迷惑
4.対  策・・・電気ショックによる飛来防止、剣山タイプのプロテクターの取付
          キヒ剤の設置

実績レポート (有害鳥獣対策室 カラスの巣撤去) 2017年5月実施   担当者:平光 透

1.現 状   45m高さの煙突にカラスの巣、環境的に飛来が目障りになる為営巣の撤去依頼。
2.原 因   カラスにとっては安全性が高い。
3.対 策   侵入場所にネットで覆いをする計画。
4.結 果   営巣撤去後は飛来がなくなり喜んで頂いた。さすが45mは少し怖かった。
 
巣の除去
巣の除去
5.結  果・・・定期的なチェックを行い効果は良好
お電話はこちら
0120-19-6464
お問い合わせはこちら
私達がお手伝いできること一覧
↓↓
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中1丁目19番30号
TEL:058-232-0205
FAX:058-232-6556
三重営業所
〒514-0002
三重県津市島崎町218
TEL:059-273-6464
FAX:059-273-6465
滋賀営業所
〒527-0025
滋賀県東近江市八日市東本町3-27
TEL:0748-25-5364
FAX:0748-25-5363

・ネズミ、ハチ、ゴキブリ、
 シロアリ、ハトなどの
 害虫・害獣駆除
・住宅クリーニング
・住宅点検

【現地調査エリア】
・岐阜(全域)・愛知県・三重県
・滋賀県・福井県

■岐阜県知事登録
建築物ねずみ昆虫防除等
岐57ね第10号

2017年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
6
3
7
0
3