本文へ移動

22.ブログ

写真は2010年1月 マラウィ共和国にてマラリア対策に協力
写真は2020年1月 インド・デリーでのポリオ根絶ボランティア
RSS(別ウィンドウで開きます) 

土岐市内でガ(マイマイガ)の大量発生 第2弾

2013-07-22
写真左から上がオス、下がメス。排水路に落ちた死虫。自転車置き場にブラックライトが?、街路樹に被害はない。
 
新聞やニュースでも取り上げられ、電話のお問合せが先週まで続いたが、20日の週末には一段落したようである。19日(金)夕刻、土岐市内へ調査に出かけた。JR土岐駅の地下道や近辺に少しの成虫と排水溝などには死虫が多く認められた。
街灯や近くの公園、街路樹などのチェックを行ったが、樹木の葉がケムシ被害にあったような現象は認められなかった。マイマイガの発生原因と分布調査などを市の環境課は実施されているのでしょうか。駆除はともかく発生原因を調査することは市民生活の安全のため、大切ではと思うところである。

レポート2013.7.19.(20:00)

名古屋場場所のこと(2013.7.11)

2013-07-12
お誘いを受け20年ぶり名古屋場所の見物に出かけた。4人が座るさじき席はとても窮屈であと2割くらいの広さがあると良い。外は暑く席に着くなり冷たいビールと焼き鳥をオーダーする。なんとも冷たい硬い焼き鳥が3本で500円は今風ではない。せめてコンビニの焼き鳥に近づけてもらいたいと感じる。席は前列であったが、テレビ観戦のほうが解説がありカメラワークが良いので楽しめると感じた。多分イヤフォン解説があれば便利かな?技の数シーンをお披露目します。帰りがけのヤグラ太鼓は中々でした。
 

ガの大量発生(マイマイガ)第1弾

2013-07-12
この数日前より夜間灯火に集まる「ガ」の問い合わせがあった。オスは昼間活発に飛ぶが光源にも集まる。屋根や壁に「ガの大群」がおしかけてくるのである。名古屋テレビより岐阜県ペストコントロール協会に取材があり、現地へ協会のメンバーが出向いている。明日の7月11日の夕方のニュースで放映予定。ケムシの発生が事前にあるのでクヌギや街路樹に目を向けてみよう。ネオン灯はLDEの電球に変更して下さい。集虫力は1/3以下に減少するそうです。

駆除方法
(1)壁面とガラス、ドアへの殺虫剤散布
(2)出入口に扇風機で風を当てる
(3)光源に集まるので建屋の電灯を消し、敷地内の街灯をダミーにする
(4)近くの樹木のケムシを駆除(市役所に問い合わせる)

殺虫剤を散布しないでケムシや害虫が予防できる

2013-06-03
実は5月の中旬、樹幹注入処理を事務所敷地内のケヤキに行った結果である。毎年6月末にはイラガの幼虫が葉を喰い荒すのであるが、今年は被害の現象が見られない。他にはコガネムシ等の甲虫の死骸が樹木の下部にポツポツと確認できる。
殺虫剤散布に比べドリフト(環境汚染)が少なく効果は約6ヶ月間持続する。
 
ちょっと気になる方 0120-19-6464 コールセンターへ
 

ロータリー国際大会に参加

2013-06-28
2013年 6月23日
ポルトガルのリスボンでロータリー国際大会が行われた。早朝より朝食会が行われ岐阜、三重のグループ約20名で参加した。突然のことでびっくりしたのは私達のテーブルのすぐ前に演台と椅子がセットされRI会長の田中作次さんと直面したことである。握手をして頂き心臓は高鳴った。
田中RI会長の挨拶は「ロータリーの良いところを5つ上げて下さい。それを目標に実行して下さい」と1分間スピーチ。素晴らしいメッセージでした。その後、本会場で大会式典が行われ日本からの参加は2,000名、全世界からは30,000人とのこと「君が代」が大会場に響き渡り、涙するとこ数回、感動の一日であった。ロータリーの理念のひとつである「超我の奉仕」、ロータリー活動を通して「人の役に立つ」決意を参加者と共に改めて強くすることができた。

ヤスデの登場

2013-06-28
今期初のお目見えである。この1~2日問い合わせが多い。薬剤散布で一時は小康状態になるが2ヶ月程度で再発がある。原対策として①敷地内の整理整頓②犬走りや壁面の隙間のコーキング③犬走り部分へ雨上がりの朝、粉剤を帯状に散布④コンクリート等の割目へ粉剤の投入。
防虫対策のひとつとして基礎の立ち上がりに防虫フレーム(ムシガード)を取り付けると安心できる
因は周辺の空き地から発生したものが徘徊するケースが多い。
 
 ムシガードお問合せ 0120-19-6464 害虫救急隊
 

ドロバチへの対応

2013-06-25
上の写真は左から、ドロの巣、約1cm位の巣穴、幼虫
 
室内へ小さな黒いハチが侵入するとの連絡があった。夕方現場に入り状況を調査、壁面のトタン板の隙間からドロの粉が犬走りに落ちている。さっそくトタン板をはがし内部を調べた。一回目は外観から殺虫剤をスプレー、効果なしのクレームが翌日入ってきた。その後、再度トタン板をはがしドロの固型の巣を除去した。ドロの中より幼虫が数匹見つかり前回の失敗が判明した。

キノコバエの侵入対策

2013-06-21
 
上の写真左から防虫ネットへの張り替え、防虫ネット完了(防虫スプレーも併用)、玄関ドアにも防虫網
 
東濃エリアでのクロバエキノコバエの被害防止対策の一例である。
7月、9月の初旬、家中が足の踏み場もないくらいの侵入があり、住民を困らせている。早朝のモニタリング、サッシへの防虫剤処理、今回は普通の網戸を防虫処理ネットへの変更をおこなった。7月の発生時どんな結果がでるのでしょうか。この施工内容は岐阜県ペストコントロール協会の作業風景である。

イタチの侵入ケース

2013-06-17
左の写真は天井の断熱材の破損 右の写真は幼獣で個体が発見できた
 
鉄骨の住居でのトラブルのケースである。
現場は市街地でありながらイタチは道路を横断して住居に侵入し子供を産み育てる。
原因は床下の通気口の隅が設備配管の為、切り込みを入れ後始末が不十分なケースである。最近のこのような建築現場での監督ミスが多く見られる。結果として天井裏へ侵入、子育てを行うのである。この数日天井裏で小さな鳴き声が聞こえてくる。

防虫処理(クモの巣)

2013-06-12
梅雨に入り昆虫の生息が多くなってきた。ホテルや旅館などのサービス業では天井や壁面、ガラス等に昆虫やクモの巣による美観被害の問合せが多くなる。上の写真はクモの巣の除去、そして防虫剤の塗布処理を行う。効果は2ヶ月、シーズン中2回程度でクリーニングコストの半滅と美観の維持ができる。2013.6.10
お電話はこちら
0120-19-6464
お問い合わせはこちら
*駆除実績レポート*
↓↓
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中1丁目19番30号
TEL:058-232-0205
FAX:058-232-6556
三重営業所
〒514-0002
三重県津市島崎町218
TEL:059-273-6464
FAX:059-273-6465
京滋営業所
〒617-0003
京都府向日市森本町下森本43-81
TEL:075-874-6075
FAX:075-874-6175
奈良営業所
〒635-0103
奈良県高市郡高取町
大字清水谷150-2
TEL:0744-48-0464
FAX:0744-48-0469

・ネズミ、ハチ、ゴキブリ、
 シロアリ、ハトなどの
 害虫・害獣駆除
・住宅クリーニング
 ・住宅点検

【現地調査エリア】
・岐阜(全域)・愛知県・三重県
・滋賀県・奈良県

■岐阜県知事登録
建築物ねずみ昆虫防除等
 岐57ね第10号

2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
1
7
4
8
3
TOPへ戻る