本文へ移動

20.ブログ

写真は2010年1月 マラウィ共和国にてマラリア対策に協力
写真は2020年1月 インド・デリーでのポリオ根絶ボランティア
RSS(別ウィンドウで開きます) 

鵜飼動画 ネット公開で始まる  2020年5月24日

写真は朝日新聞より
岐阜市が動画ネット公開、感染症問題にて5月11日からの毎年恒例の鵜飼のスタートが遅れている。まずは動画で柴橋市長さんの気配りで始まった。

NHKニュースより「コロナ危機 どう生きる」 山中伸弥さん

人との接触を8割減らす10のポイントでは人の接触を少なくすればウィルスは勢いを弱める。人の接触でしか広がれない(人の体で増殖)このウィルスを完全に世の中からなくすことは不可能。
 

NHKニュースより「コロナ危機 どう生きる」 平田オリザさん

芸術のようなソフト産業への支援に政府は慣れていない。ウィルスを殺した瞬間に文化も全て死んでは意味がない。映画も演劇もない、歌も聞こえてこない、絵画も生まれてこない、そういう社会でいいんですか。日本は文化対策が弱いところにコロナが直撃した。
 

ウィルスの寿命について  2020年5月5日

米国立アレルギー感染研究所の研究者らが3月17日、米医学誌に出した論文で感染力が続く実験上の「寿命」を発表した。プラスチックの上で3日間、銅の上では4時間、ボール紙の上では24時間、密閉された空間で空気中を漂う微粒子「エアロゾル」では3日間感染力が続くことも認められた。
朝日新聞 NHKニュースより
 

生ゴミ収集の担当者への感染予防(NHKラジオより) 2020年5月4日

家庭ゴミの数量が多いくなり、家庭内から排出されるコロナウィルスについての問題であるティッシュペーパー、アルコールなどの消毒剤の拭き取りペーパーなどは、ビニール袋に入れキチンと密閉して出して欲しいと感染予防のため東京都衛生局の要望であった。
 

トイレの感染リスクが高い、接触の機会を減らす  2020年4月4日

トイレは感染リスクが比較的高いため留意が必要とされ、通常の清掃でよいが用を足した後は蓋をしめて流すように!新型コロナウィルスに対しては接触の機会を減らす以外に現状は手段がない。食事は対面ではなく横並び、手洗い、外出後のシャワーなど新しい生活様式の具体例を提示。
政府の専門家会議より
 

バラが咲き始めました  2020年5月2日

庭先にバラの開花、5月の1ヶ月間が楽しみになりました。コロナウィルスで気持ちが晴れませんが、少しは花の魅力を楽しみたいと思います。加納小学校の正門、道路西側にピンクの花が乱れる!ペッシュボンボン、ピエールドウロンサール。

昆虫の活動シーズンを迎える  2020年4月29日

4月末より蝶、アブ、ハエなど庭の手入れをしている最中いろんな光景に出会う。これからの半年間は虫を楽しむ、虫駆除に対応する、虫の異物混入対策に知恵を絞る。
今年も虫との会話が始まった。
 

中国のロックダウン対策

中国はロックダウンで感染症を抑えた。
SARSから集中治療、急増感染者対策を実行した。武漢には4万人の医療従事者が駆けつけた。
その時ヨーロッパは対岸の火事であった。    WHOシニアアドバイザー進藤奈邦子さん
 

ハエや蝶の出没

25、26日は日中の気温が上昇、庭の草花も昆虫の姿が多く目につくようになりました。
さあ、いよいよシロアリの羽蟻、ムカデなど不快害虫の出番です。
お電話はこちら
0120-19-6464
お問い合わせはこちら
*駆除実績レポート*
↓↓
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中1丁目19番30号
TEL:058-232-0205
FAX:058-232-6556
三重営業所
〒514-0002
三重県津市島崎町218
TEL:059-273-6464
FAX:059-273-6465
滋賀営業所
〒527-0025
滋賀県東近江市八日市東本町3-27
TEL:0748-25-5364
FAX:0748-25-5363
奈良営業所
〒635-0103
奈良県高市郡高取町
大字清水谷150-2
TEL:0744-48-0464
FAX:0744-48-0469

・ネズミ、ハチ、ゴキブリ、
 シロアリ、ハトなどの
 害虫・害獣駆除
・住宅クリーニング
・住宅点検

【現地調査エリア】
・岐阜(全域)・愛知県・三重県
・滋賀県

■岐阜県知事登録
建築物ねずみ昆虫防除等
岐57ね第10号

2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
9
7
1
1
8
TOPへ戻る