ブログ

 

久しぶりのツーリング

2017-04-13
高山方面へのせせらぎ街道経由ルートであった。郡上から国道での峠越えは気温4℃。道路両脇の残雪の中、身体が冷えきり真冬にひと戻りの現状であった。桜の花はまだ先、明日14~15日は春を告げる高山祭り、2日間で約20万人の人出で賑わう。岐阜市内は桜が散り始め新緑を食材にする昆虫類が活動を始める。ちなみにこのクラッシックバイクは100年前のインディアン、寒いと調子が良いそうです。
 
害虫駆除一番はオールコントロール
コールセンター0120-19-6464
 

カラスの営巣が始まる

2017-04-13
4月に入り地上45mでカラスの巣づくりが始まり、今すでに抱卵、ヒナが育っている。
街中での巣材を見ると相変わらず木枝、針金ハンガー等が大半を占める。柳ヶ瀬の街中にある金神社などは4月に入ると数量が半滅する。近くの金華山へ巣作りに戻ると言われています。街中でのカラス対策は市町村でも対策中ではありますが、何よりも原理原則は生ごみの出し方を街中で考えなければ増加する現状です。害虫獣駆除は食物連鎖から。   
害虫駆除一番はオールコントロール
コールセンター0120-19-6464
 

業界で思うこと。

2017-04-02
朝のNHKニュースであったことです。
人手不足の問題の深刻さです。小企業である我々の業界は早急な対応が必要です。
経営理念に基づく経営が大切と常々思うのですが、実行は難しい現状です。社員の幸せ、顧客満足度、利益の確保など課題はいっぱいです。理念経営の実践と世の中に合わせる能力がこれからも会社経営の存続には欠かせない要素と思っています。我々の業界でも人手不足の話が話題になります。従業員さんとのコミュニケーションを深め、仕事の楽しさを理念経営で乗り切れるよう岐阜県の業界の発展のために協会長として一役を担えればと思っています。「喜んで働ける職場づくり」    以上   2017年4月2日
 
 
害虫駆除一番はオールコントロール
コールセンター0120-19-6464
 

新しいポスターができました。

2017-04-01
今日から4月、今年は新入社員さんを迎えることが出来ませんでしたが、入学、入社はご両親にとって嬉しい事です。いよいよ桜の花も開花、私達のペストコントロール業界も半年間忙しい毎日が続きます。ホームページもリニューアル、今シーズンも宜しくお願い致します。  2017年4月1日
 
害虫駆除一番はオールコントロール
コールセンター0120-19-6464
 

塩津村の井崎さんのこと

2017-02-27
26日、日曜日、ギャラリー独楽さんにて井崎さんの木工の展示会があった。昨年より年1回この場所で展示会をされている。夕食を囲みながらの話の一部であるが木工職人で大事なことは「手と心を動かし家具をつくる」井崎さんの原点はここにあることを知った。中学を卒業後木工職人への弟子入りをされ、現在に至った。今日の業界の研修会で「手と心」を動かす大切な仕事の基本は「オペレーション技術+ものを見る目」の両輪が大切と閉講の挨拶をさせて頂いた。

ネズミ、ドバト、、有害小動物(アライグマ、イタチ)などの防除相談
仕事が「上手、早い、キレイ」が信条です

コールセンター0120-19-6464

同業の㈱マルマさんの告別式に参列して

2017-02-14
先日会長である鈴木さんが永眠された。鈴木さんとのお付き合いは40年以上になる。私も今年68才になった。葬儀への出席回数も徐々に増え、身体の健康の大切さをその度教えて頂く。
弔辞で勉強したこと①家族への思いやり、②今までお取引頂いたお客様への感謝、③会社を発展させ社員を幸せにする。この三点は会長が特に思いを寄せ実行してこられた内容であったことを紹介された。そしてお孫さん10名が祭壇に整列しお礼の言葉を述べられたこと、そして皆んなで合唱をされた事、鈴木会長の教育と結束の強いファミリーを見させて頂いた。帰りがけ浜松の駅前の八百徳さんで故人と一緒によく頂いたうなぎ屋さんで献杯をさせて頂いた。長い間お世話になりました。
 
ネズミ、ドバト、、有害小動物(アライグマ、イタチ)などの防除相談
仕事が「上手、早い、キレイ」が信条です

コールセンター0120-19-6464

鳥インフルエンザ防疫活動が終了して

2017-02-10
8日正午をもって山県市の鳥インフルエンザ感染防止の為の防疫活動を終えることができた。3週間の不眠不休は少し堪えたが近隣の鶏舎への感染予防と県民の安全をお守りする社会貢献がペストコントロール協会チームで安全にできた事に協会長として感謝でいっぱいです。今後共、協会活動として自然災害での衛生害虫の駆除、避難場所へのノロウイルスなどの感染防止対策で地域社会貢献を目指してトレーニングに務めて参ります。

ネズミ、ドバト、、有害小動物(アライグマ、イタチ)などの防除相談
仕事が「上手、早い、キレイ」が信条です

コールセンター0120-19-6464

鳥インフルエンザ現場、移動制限解除

2017-02-09
3km範囲の移動制限解除が8日(水)午前0時に通達されました。3週間以上に及ぶ作業にペストコントロール協力企業の社員様に心より感謝申し上げます。延べ500名の皆様のお力を岐阜県の為に集結して頂きましたこと岐阜県協会の会長と致しまして重ねて感謝を申し上げます。
これからも近県への協力、そして私達の目標でもあります「食の安全、日本国民の皆様への健康への安心」をお届けする所存でございます。合わせて岐阜県庁、各市町村の担当者への皆様にも御礼を申し上げます。今夜はゆっくり休ませて頂きます。ご協力と何事も無く無事完了できた嬉しさでいっぱいです。

ネズミ、ドバト、、有害小動物(アライグマ、イタチ)などの防除相談
仕事が「上手、早い、キレイ」が信条です

コールセンター0120-19-6464

鳥インフルエンザ近況報告

2017-01-05
岐阜県PCO協会の活動内容であるが、発生時より3週間の期日が8日(水)午前0時となっている。現在のところ発生農場3km以内の移動制限が行われて、鳥、卵などの搬出がすべて禁止されている。8日の検査結果により陰性結果が出れば全面移動解除となり私達も3週間に及ぶ移動制限区内の道路上での車輌消毒を完了することとなる。24時間体制の監督者としての責任は重く知力、体力が必要と強く感じる。1日40人の協会員が10ポイントの現場で活躍している。幸いにも1日夜8:00、10km範囲の移動制限が解除された。古田岐阜県知事の要請に答えるべく安全を第一にあと2日間、皆さんお願いします。 以上

ネズミ、ドバト、、有害小動物(アライグマ、イタチ)などの防除相談
仕事が「上手、早い、キレイ」が信条です

コールセンター0120-19-6464

岐阜県にて鳥インフルエンザ発生

2017-01-05
(左の写真はNHKテレビより)
1月14日夕刻のこと、岐阜農林事務所から鳥インフルエンザ発生に関わる事務連絡を岐阜県PCO協会が受けた。当日は午後より雪が舞い寒い日であり、本検査には少し時間がかかるため明朝9:00に集合がかかった。取り急ぎ動噴セット11台、消毒ポイントは10ポイント、オペレーター20人を要請され、発生源より3k、10kmでの車輌消毒の依頼を受けた。協会では役割分担、組織図など年に各1回の実務トレーニング、感染症の勉強会を実施している。初動の数日は人数、シフトにおわれやっと少し落ち着きを取り戻した。この業界の会長職として能力の問われる一週間であった。24時間体制は精神的疲労が大きくのしかかってくる。

ネズミ、ドバト、、有害小動物(アライグマ、イタチ)などの防除相談
仕事が「上手、早い、キレイ」が信条です
コールセンター0120-19-6464
お電話はこちら
0120-19-6464
お問い合わせはこちら
私達がお手伝いできること一覧
↓↓
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中1丁目19番30号
TEL:058-232-0205
FAX:058-232-6556
三重営業所
〒514-0002
三重県津市島崎町218
TEL:059-273-6464
FAX:059-273-6465

・ネズミ、ハチ、ゴキブリ、
 シロアリ、ハトなどの
 害虫・害獣駆除
・住宅クリーニング
・住宅点検

【現地調査エリア】
・岐阜(全域)・愛知県・三重県
・滋賀県・福井県

■岐阜県知事登録
建築物ねずみ昆虫防除等
岐57ね第10号

2017年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
5
8
4
5
4