9、トコジラミ・ダニ・ノミの検査・駆除

ノミ・ダニ・トコジラミ(南京虫)のご案内 

トコジラミ卵
トコジラミ幼虫
トコジラミ成虫(4~5mm)

実績レポート トコジラミ(旅館ホテル)2017年9月施工  担当:山口

1.エリア   岐阜県内   
2.内 容   トコジラミ被害
3.現 状   年に数回の被害届があり、客室のクローズや宿泊者に不快な思いをさせてしまう等のクレーム。
4.原因対策  部屋を貸し出せないロスも含め、会社の信用にも関わる理由をもって年間3~4回の定期点検と
       殺虫剤処理を計画・実施。
5.結 果   施工開始より6ヶ月間再発もなく、定期的防除が功を奏している。
       チェックアウトの合い間をぬって、施工のため施工計画が大切であり1日に50部屋を目標、4日間通しの
       シフトを組む。

実績レポート トコジラミ 2017年9月 住宅からの問い合わせ

1.現 状   旅行先のベッドでトコジラミを発見、その後自宅にもどり1週間経過、自宅でトコジラミを発見する。
       どのような処理が出来るのでしょうか?
2.原因の予測 旅行先の宿泊施設より、荷物などと一緒に持ち帰ったと思われる。  

実績レポート トコジラミ(住宅)2017年8月施工  担当:大野/小川

1.現 状   住居内で被害発生、ご家族に被害あり。
2.原 因   数ヶ月前に家族旅行で温泉に宿泊履歴あり、リビングのソファーとベッドのフレームに栄巣を確認。
3.対 策   ベッド、ソファー等の廃棄処分・殺虫剤散布計画。
4.駆 除   初回より駆除が完了するまで3週間、その間1週間置きの計3回の殺虫剤処理を行う。
5.結 果   3週間後に終息。全室に生息が認められ生息数が多い。通常は約2週間で終息。

実績レポート トコジラミ  2017年5月施工   担当:平光 透

駆除対象・・・トコジラミ(南京虫)
現  状・・・ホテル、旅館での問い合わせが多い、旅行者から持ち込まれ繁殖するケースが多い。
       被害はオールシーズンである。
駆  除・・・殺虫剤処理を週に2回程度実施。
                     最終チェックを行い終息宣言を行う。

実績レポート ノミ(岐阜市内)2017年 6月施工   担当:馬渕 和彦

1、現状・原因・・・野良ネコが敷地内に侵入、遊び場となっている。
          夏期には体表にネコノミの繁殖。
2、対 策・・・・・ネコの駆除と殺虫剤散布処理。特に子ネコの繁殖には注意。
3、効 果・・・・・通常は初回の殺虫後、1週間後に2回目を再施工すると効果は高まる。

実績レポート トコジラミ 2016年 9月施工   担当:馬渕 和彦

1、被害対象・・・トコジラミ
2、施工地域・・・岐阜県内
3、現  状・・・院内での患者さんへの被害
4、対  策・・・和室のタタミ、巾木、なげしなどの隙間に成虫が多く見受けられた。
         何より解りやすいのは成虫の血粉が認められる箇所をチェックすると成虫に
         多く向き合える。タタミ下や木部の隙間への防虫処理。       
 ノミ駆除 
現 状
相談を受けた現場は郊外の農家の住宅で、愛犬が亡くなりその周辺にノミが発生、被害でお困りの現状であった。敷地内へ入ると数分で足元にノコノミの襲撃にあう。
 
原 因
(1)周辺には野良ネコが多く中庭が夜間のグリーミングの場所となっていること。
(2)家族が入院され空家になっていたことの2つがあげられる。
 
対 策
(1)中庭への殺虫剤散布、特に軒下や日当たりの悪い場所には注意する。
(2)室内へはMC剤を散布、数か月間の残留効果が期待できる。
(3)今回は予算の都合もあり表面部分の薬剤散布を設計した。
効 果
(1)2週間後、効果判定を行う、中庭と室内を20分程度歩き写真のような白衣で足元に食らいつくノミの個体を観察する。結果すべての場所において確認せず。効果良好!
(2)今回は空家であるため手間をはぶき即効性の薬剤は使用せず、コスト削減につとめた。

      安全、安心で楽しい嬉し日々を!
     コールセンター 0120-19-6464

 トコジラミ 
トコジラミ成虫・幼虫
この数年、東京・大阪等の大都市ではホテル・旅館・民宿等の宿泊施設等や海外旅行先から持ち込まれるケースが近年多く見られる現象であるが、原因は様々である。宿泊施設の多く多くの人々が入れ替わりがある為、一度持ち込まれると駆除は困難を極める。
トコジラミ施工事例
薬剤は有機リン剤・ピレスロイド剤の散布を行う。
少しの間にも入り込むためバルサン等のくん煙剤では効果が上がらない。駆除の専門家に調査を依頼するのがお勧めである。ホテル等の部屋は約1ヶ月間のクローズが必要であり、殺虫剤散布は2~3回を実施する。潜んでいる場所を徹底的に探すのである。あとは薬剤の残効性に期待をしながら時期を待つ。
 
住宅への持ち込みは宿泊施設やお風呂から持ち帰るケース等も考えられる。現象として電灯を消し30分も経過したころ「キヤッ」とする痛みが発生。すぐに布団をめくりシーツをチェックすると良い。虫は動きが早く成虫は2mm位の丸さに頭が飛び出し黒っぽい。
 
ベッドの隙間や扉の少しの隙間等に上記のような血糞あとが残される。住宅での駆除費用は10~15万(2回施工・1ヶ月の保障)、ホテルの客室等は一室当たり5~8万を必要とする。
1.ホテル・旅館での事例について
(1)新聞やマスコミ報道はされていませんが、害虫駆除業者の現場では取扱いが年々多くなっています。
(2)原因は宿泊者からの持ち込みが予測されています。ナンキンムシは4~5mmと大きく吸血を繰り返し成長を続けます。
(3)人や動物(鳥類も含む)に寄生し、夜行性であり被害は夜間に発生する。
2.早期発見のポイント
(1)客室では押入れ・タタミ・ベッドカバーやフレームの隙間に多い。
(2)1mmくらいの隙間に潜伏できるので、黒い血糞が生息の目安となる。
(3)ベッドカバーや布団の縫い目等には特に注意。
(4)リネンのサービスエリアも特に注意。
3.もし発見したら
(1)部屋を隔離する。出入口のドアは目張り(下部)をして廊下には虫を出さない。
(2)清掃中であってもすぐにその部屋から現状で退室する。バックヤードで衣服を全て交換する。取替済みのシーツ等はすぐに密閉して館外に出すこと。
(3)専門業者を呼び生息調査と駆除計画を立案する。1回では終息しないケースが多い為、2週間くらいの時間を計画する。部屋は両隣、向い側はクローズとする。
(4)被害にあわれた宿泊客には丁重に謝り、専門業者からの説明を伝える。
(5)バルサン等での簡易くんじょう処理では効果が出ないので無駄。
4.公共施設等にも注意
混雑する駅の待合・図書館・映画館・劇場等にも感染事例が報告されている。自宅に帰り就寝中にカユミになやまされる。かゆくなるのは吸血時、血液凝固を防ぐ為、唾液を注入するが、そこに含まれるたんぱく質が体内に抗体をつくりやがてアレルギー反応を引き起こすことが知られている。
ベッドや布団の周辺をよく点検し黒い血糞をチェックすることがポイント。原因が解れば専門業者に問い合わせが早期解決の決め手!
ダニ検査
 
かゆいけど原因がわからない。殺虫剤を噴霧しても効果が出ない等でお困りのとき、一度ハウスダストの検査と環境調査をしてみてはいかがでしょう。
お電話はこちら
0120-19-6464
お問い合わせはこちら
私達がお手伝いできること一覧
↓↓
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中1丁目19番30号
TEL:058-232-0205
FAX:058-232-6556
三重営業所
〒514-0002
三重県津市島崎町218
TEL:059-273-6464
FAX:059-273-6465
滋賀営業所
〒527-0025
滋賀県東近江市八日市東本町3-27
TEL:0748-25-5364
FAX:0748-25-5363

・ネズミ、ハチ、ゴキブリ、
 シロアリ、ハトなどの
 害虫・害獣駆除
・住宅クリーニング
・住宅点検

【現地調査エリア】
・岐阜(全域)・愛知県・三重県
・滋賀県・福井県

■岐阜県知事登録
建築物ねずみ昆虫防除等
岐57ね第10号

2017年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
6
3
7
0
3