本文へ移動

18.HACCP対応記事

HACCP 2021年6月1日より食品衛生法の改正

2021年6月1日より食品衛生法の改正がありHACCPに基づく衛生管理が全ての食品等事業者に求められます。
1.食品の一次生産から最終工程までの流れを管理、記録します
2.食品やその材料の生産、加工、流通、保管、販売の一連の段階及び活動
3.食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の健康被害の原因となる危害要因(ハザード)を分析、
 把握をする
4.そしてその上で原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中でそれらの危害要因を除去又は低減させるため
 特に重要な工程を管理し製品の安全性を確保する衛生管理の手法です
5.HACCPに沿ったペストコントロールとは
  衛生管理の見える化、最適化とIPM(総合的有害生物管理)による防除対策の実施
6.IPM(総合的有害生物管理)の考え方を取り入れた防除を行います。そ族、昆虫防除に適合した工法です
7.建築物ねずみ昆虫等防除業の登録を受けた事業者を選定すること

HACCPでの『そ族(ねずみ)・昆虫の防除』の管理内容については次のような対策が
求められています。
1.施設の衛生管理(厚生労働省令第68号)
 ・施設及びその周辺を定期的に清掃する。
 ・排水溝を清掃する。
 ・廃棄物の処理を適切に実施する。

2.ねずみ及び昆虫対策(第66条の2第1項)
 ・施設及びその周囲は、維持管理を適切に行うことだできる状態を維持し、ねずみ及び
  昆虫の繁殖場所を排除するとともに、窓、ドア、吸排気口の網戸、トラップ及び排水
  溝(グリストラップもしっかり管理、ゴキブリやハエの発生を抑えることも重要)の
  蓋等の設置により、ねずみ及び昆虫の施設内への侵入を防止すること。
                           (公社)日本ペストコントロール協会情報より
(公社)日本食品衛生協会資料

HACCPコーディネーターの資格取得  故金正司   2020年11月20日

先日、待ちに待ったHACCPコーディネーター養成ワークショップが実行された。2021年6月から食品衛生法でHACCPが制度化され実用化される。食に携わる全ての関係者がHACCPに取り組むことになる。
ペストコントロール業界も最小限の知識と情報入手のため、この取り組みは必要不可欠なこと。弊社も今年度1月より社員全員参加にてトライを始めている。

昆虫のモニタリングとHACCP

食品の安全基準を6月よりHACCPの手法を取り入れた食品衛生法の改正が実施される。東京オリンピックでの食中毒予防対策にも大きな成果を期待されている。HACCPは食品を安全に製造、提供する現場の世界基準であり、我々のペストコントロール業界も食品衛生基準の学問と手法を学ぶ時代がやってきた。衛生の安全を守る職業としてまた新しい時代で活躍の場が与えられる。昆虫のモニタリングにより発生原因と場所が明確になる。

HACCPコーディネーターの資格取得

1969年NASAの宇宙船が月に向かって打ち上げられた。その時の宇宙食の製造に用いられた安全基準がHACCPである。あれから50年HACCPは世界基準となり大きな役割を果たしている。ペストコントロール業界では業務拡大と顧客との信頼関係がより強くなるチャンスである。弊社は今年度4月より1年以内に全社員がHACCPコーディネーターの資格取得を目指す。
お電話はこちら
0120-19-6464
お問い合わせはこちら
*駆除実績レポート*
↓↓
〒502-0932
岐阜県岐阜市則武中1丁目19番30号
TEL:058-232-0205
FAX:058-232-6556
三重営業所
〒514-0002
三重県津市島崎町218
TEL:059-273-6464
FAX:059-273-6465
京滋営業所
〒617-0003
京都府向日市森本町下森本43-81
TEL:075-874-6075
FAX:075-874-6175
奈良営業所
〒635-0103
奈良県高市郡高取町
大字清水谷150-2
TEL:0744-48-0464
FAX:0744-48-0469

・ネズミ、ハチ、ゴキブリ、
 シロアリ、ハトなどの
 害虫・害獣駆除
・住宅クリーニング
 ・住宅点検

【現地調査エリア】
・岐阜(全域)・愛知県・三重県
・滋賀県・奈良県

■岐阜県知事登録
建築物ねずみ昆虫防除等
 岐57ね第10号

2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
1
5
6
1
7
TOPへ戻る